2018年4月12日 (木)

2017年新入社員ブログ:第七回

石田:新入社員ブログをご覧の皆さん宜しくどうぞ!

オタフクの菅田将暉こと石田耕基です。ニックネームはイシシだよ。

現在は東京営業二課という部署で家庭用の営業をしているよ。

 

高草:いやいやいや菅田将暉はないでしょ~~。

どっちかっていうと・・・あっやっぱノーコメントで!

そんな私はオタフクのミランダカーこと高草美咲です。ニックネームは高草!そのまんまだよ。

現在は岡山営業所でイシシと同じ家庭用の営業をしているよ。

 

上田:いやいやいやミランダカーはないじゃーん。

ザ日本人って顔してるよ!

そんな私はオタフクのわがままっこ上田紗季子です。ニックネームはさきっこだよ。

現在は開発課という部署で働いているよ。

 

高草:確かにさきっこはわがままじゃね~(笑)

茶番はこのくらいにしておいて・・・現在の私達の業務について紹介するよ。

私は営業をしているからだいたいイシシが何をしているか分かるけど、さきっこはどんな仕事をしとるん?

 

上田:主に営業さんからの依頼を受けて調味料を作ってるよ~。

 

石田:えっ!?どんな風に?

 

上田:レシピを自分で作って、小さい容量で試作をしているよ。

お客様の要望に応えられるように何回も試作を繰り返しているんだ。

Photo_7

石田:おお~!開発課のお陰で新商品が出来てるってことか~。

ありがたや~ありがたや~。

 

 

上田:ところで、家庭用の営業はどんな感じなの?

 

石田:家庭用の仕事はスーパーにオタフクの商品を取り扱ってもらえるように、商談をしたり、店舗の巡回をしたり、時には自ら店舗に立って試食販売や料理教室をするよ。

 Photo_5

高草:なるほど。私と一緒じゃね。東京ならではのエピソードってある?

 

石田:東京は、今はまだまだ市場が小さいから、逆に言えば、新商品を入れるチャンスがあってやりがいを感じているよ。

岡山はどうなん?

 

高草:岡山は取り扱ってもらっている商品数が多いから、最初は商品の説明をするのに苦労したけど、その分、オタフクの商品知識が増えて、入社前より会社に愛着が湧いてきとるんよ。岡山は自分が所属している営業所の人だけじゃなくて、他の営業所の人と話す機会もあって楽しいよ。集まるとこんな感じ。

Photo_6

石田:うんうん。分かる分かる。

これからもたくさんの経験を積んで立派なオタフク社員を目指しましょう。

 

高草:ところで、二人は学生時代の経験で今生かされてることはある?

 

上田:調味料を理化学的に分析するんだけど、高校や大学での実験と同じ方法のものもあるから役立ってるなって感じるよ~。

実験好きだった私はとしては、ソースを作ったり分析したりという仕事は、すごくやりがいがあるよ。

石田:高校では野球部、大学ではサークルの部長を経験したことで、上下関係を学べたり、人前で話すことが平気になったよ。
学生時代の経験のお陰で今の営業の仕事を楽しめているんだ!
高草ちゃんは?

 

高草:私は試食販売のバイトをしていた経験があったから、営業で試食販売に行くときも、要領が分かっとるけ~お客様や店舗の方とスムーズにコミュニケーションを取ることができたよ。

学生時代の勉強の経験だけではなくて、バイトなどの経験が今生きてるよ!

 

3人:こんなおバカな菅田将暉とミランダカーとわがままっこが待っているよ。

下の写真は、東京、岡山、広島と離れ離れだから電話で撮ったよ。

学生のみなさんと働ける日を楽しみにしてます。

 

3

2018年4月 5日 (木)

2017年新入社員ブログ:第六回

新名:こんにちは!好きな食べ物はオムライスです

新名です!みんなからは「しんちゃん」って呼ばれてます。

写真:新名

Photo

田口:こんにちは!食べ物は、牡蠣と柿以外、何でも好きです。

田口です!みんなからは「たぐっちゃん」って呼ばれてます。

写真:田口

Photo_2

 

新名:私たちの同期は大体~ちゃんってつけるの好きよね。なんでなんじゃろ

田口:確かに、私ら以外にも何人かおるよね。

新名:あと、牡蠣が好きじゃないんだね

田口:うん、食感とあと匂いかな

新名:あー分かる。すごい磯っていうか潮の香りするもんね!  

田口:あ、話がずれている

新名:あ・・・・では、早速本題に入ろうか たぐっちゃん 私たちのテーマは「現在の業務について」だね

 

新名:まずは、私たちの部署の説明をします。私は、オタフクソース本社工場の製造一部で、ミニ・ポリ課という所で働いています。

田口:私もミニ・ポリ課です。厳密に言うと、ミニ・ポリ課の中で、ミニが5~80gまでの主にお弁当などに入っているソースを充填している所で ポリが90g~2kgまでの業務用を中心に充填している課です。私がミニで、しんちゃんがポリだよね。

新名:そう!よく逆に間違われています!!私がポリです!!笑

 

写真:新名②

Photo_3 

新名:説明ありがとう!気を取り直して、じゃあ毎日どんな業務をしているのか簡単に説明していきます。まず、朝機械を洗浄し、充填の準備をして、充填、それが終わると洗浄っていう流れだよね?

田口:うん、ミニもポリも業務的には、作業していることは変わらないよね。

 

新名:ミニ・ポリ課は、どちらとも一人一台の機械について作業します。

田口:ライン課と違って手作業の多い部署だよね。お客さんの要望に合った調整をしながら、たくさんの種類を充填する部署でもあるね

 

新名:そうそう、小ロット多品種!少ない量でたくさんの種類を充填する部署だね!!

 

田口:共通点をあげたから、次は違う所はとこかな。

新名:全然関係ないんだけど、ミニ・ポリ課は、お互いの仕事場が離れすぎていてあまり一緒の部署って感じがしないよね。

田口:確かに...ってこんな話しても読んでいる人は、ちっとも分からないじゃん!!違う点って、やはり充填する商品の重さじゃないかな。

新名:ポリの部署では、2キロの商品も充填しているよ!

田口:へぇー!すごい!!

新名:あ、でも私が充填しているのは、もう少し軽い商品だよ。今日は、150gの商品を充填していたよ

田口:同じ部署でも、充填している内容量は、全然違うんじゃね

田口:ミニでは、内容量は、小さいけど、その分、機械も小さくて、部品が細かく分かれていて、それぞれの部品を洗うよ。

新名:確かにたくさん部品あるよね。一回部品を見たときに、多すぎてびっくりした!たくさんの量を洗っているなんてすごいよ!!

田口:基本的には一人で充填できるんだけど、製品によっては、2人いる作業があるよー!

 

写真:田口②

Photo_4

新名:あとさ、ミニって、すっっっっっごい明るいよね!! あと広い!

田口:そんなに?

新名:うん!!働きやすそう。特にメンバーが明るいですよね。

田口:(なんで敬語?)

新名:ポリも一緒に働いているパートさんが元気!みんなに、たくさん元気をもらっているよ。仕事し始めて分かった事は、一緒に働く人ってとっても大事なんだなって思った!!

田口:私もそれはすごく感じてる。少し辛い仕事でも、仲間がいるから、乗り越えられるもん。

新名:オタフクで働いている人は、みん

 

な明るくて前向きな人が多いよね。

田口:そうだね。どんな仕事をしているかも大切だけど、働く仲間って大切だよね。

 

新名:ってこんな感じで大丈夫かな このブログただ私たちがしゃべりたいことしかしゃべってない気がする ちゃんとテーマに沿った感じになったかな?

田口:大丈夫じゃない?こういう生の声が大事なんだよ。きっと!

新名:そそそそそうだよね。というわけで最後まで読んでいただきありがとうございました。このブログが少しでもお役にたてれば幸いです。

田口:みなさんにお会いできる日を楽しみにしています――!

新名・田口:ありがとうございました!

2018年3月29日 (木)

2017年新入社員ブログ:第五回

宇都宮:就活生のみなさん!そして世界のみなさん!こんにちは!宇都宮 健(ウツノミヤタケル)です。今は工場の充填部署の一つのスクイズというところで働かせてもらっています。スクイズでは、焼きそばソースなどの商品を毎日詰めています。

 

原:ピヨ、ピヨ、ピヨ

 

宇都宮:僕が通訳します!みんなこんにちは!原 飛翔(ハラツバサ)こと「ピヨ」です。みんなからピヨって呼ばれています。僕も宇都宮さんと同じ部署のライン課で働いています!早く印象に残っている研修について話したいです。といっています。それでは早速!ピヨはどの研修が印象にのこっとる?

 

原: 研修では、社外のお取組先様での工場研修です。

写真:原ですImg_3533

宇都宮:僕が説明します。ピヨはちゃんと話せます!笑 確かに!社外のお取組先様での工場研修は印象に残った!同じ食品工場での研修やったよね!普段、自分達が購入する商品がこうやって作られていると思うとすごいとおもった!普段の生活の中じゃこういうこと知るのは難しいよね。

 

原:お昼ご飯は工場で作っている食品がバイキング形式で食べ放題でしたね、ただし、お箸は持参!これ重要!お皿は一人一皿まで、これも重要です!

 

宇都宮:そうそう思い出した!お昼は、その工場で作られている商品食べ放題で、いろんな味を毎日楽しんどった。やっぱり、お昼ご飯は仕事のモチベーションにつながるね!笑 もう一回あの研修したいわ。自分の好きなお弁当作る感じやもんね。人によって個性が出るのも面白かった!ピヨはどんな感じのお昼にしとった?

 

原:栄養バランスをよくするようにこころがけていましたが、結果的には茶色系が多目になっていました。

写真:研修先様でのお昼ご飯 

Img_3532

宇都宮:ほうなんや!バランスよく食べなヘルシーになれんで!笑 オタフクソース本社には、社員食堂があって、お昼ご飯は大きく4種類。「ランチ、ヘルシー、ヌードル、スナック」で毎日お昼が楽しみやね!あと様々なサイドメニューね。違う部署の人と話す機会にもなるし、やっぱり食事ってコミュニケーションの基本ツールやな!

 

原:コミュニケーション能力は、仕事をしていく中でもかなり重要ですよね。自分も就職してから向上していると感じます。

少し話がそれてきてないですか?

 

宇都宮:ごめん!話もどすわ!今、二人ともオタフクソース本社工場で働いているよね。

 

原:そうですね!確か宇都宮さんのついている所では毎日、約50,000本もソースを詰めているんですよね。僕の所では多くても30,000本程度です。

 

宇都宮:そうそう!一本が僕らには50,000分の一本だけど、お客様にとっては自分が買った一本だよね。製品を作るのには、「99%ではダメで、100%しか許されん」って尊敬する先輩が言ってたよ!そして、オタフクソースのライン課では、ほとんどのところで前工程と後工程で分かれ、二人で一つのラインを担当することが多いよね。僕とピヨは働いとる場所が違うけど、僕は、前工程でピヨは後工程やね!

前工程では主に充填を担当していて、後は包装を担当しとるね。

 

原:そうなんですよ!やっぱり時間単位あたりに流れる本数が多いため、何かあるとそれが直接お客様の元に届いてしまうので、とても責任のある仕事です。重要な仕事を任されることでやる気UPにもつながってます。

 

宇都宮:仕事をしていて思うのは、自分が担当した商品は賞味期限をみると分かるけん、そういう商品が店頭に並んで、お客さんが買ってくれるとこを見ると自分の仕事が世の中の役に立っていると思うよね。

 

原:話は変りますが、せっかくなので、次はもう一つ印象残っている社内での研修について話しましょう。4人1班で行った新商品開発の研修です。お好み焼のようなパンケーキを作れるセットを考案しました。

 写真:パンケーキ

Img_3534

宇都宮:そうやったね!4人で一つの班で考えて新入社員研修の総仕上げでやらせてもらったね!俺らの班はドレッシングやった!

 

原:メンバーと一緒に試行錯誤しながら完成させるまでの過程が最も思い出深いです。わいわいがやがやメンバーと話し合いながら作れたことがいい思い出です。

 

宇都宮:やっぱり新商品について真剣に考える機会とかないし、オタフクソースならでは商品を考えないといけないから、自社のこと知る機会にもなったね!

 

原:誰かに教えてもらってやるわけではなく、自分で考えてやることの必要性と重要性を学べたと思います。

 

宇都宮・原:いいたい事だけいって終わってしまいましたが、皆様とお会いできる日を楽しみにしております。ぜひオタフクソースで一緒に働きましょう!!

Img_3535

2018年3月26日 (月)

2017年新入社員ブログ:第四回

深堀:どーもー、星野源でーーす!改めまして、海外営業部の深堀景應(フカホリケイオウ)です。星野源が好きで、同期からは、下の名前でけいおーと呼ばれています。よろしくね!

仕事の内容としては、東南アジア(ベトナムやフィリピンなど)を中心にソースやお酢、たれといった商品を海外のお客様に対して営業をしています!

 

Photo

 

山下:どうも山下玲那(ヤマシタレナ)です。うさまるというキャラクターが大好きでうさまるの商品が立ち並ぶお店にはよく出没し、長い時間居座っています。

現在の業務内容は受注業務と、請求業務をしています。受注業務は、お客様が欲しい日に欲しい商品を届ける準備をしています。お客様と運送会社様、セールスのつなぎ役をイメージしてもらえればいいかと思います!

 

深堀:おおおおお、分かりやすい!(拍手)

 

深堀:さてさて、今回は印象に残っている研修&業務ということで、ブログを書いていくわけですが、まずは研修からお話しようか!

入社してから三ヵ月は研修で色々なことを勉強させてもらったね!れなちゃんの特に印象に残っている研修って何かな?

 

山下:私はキャベツ研修です!!(虫とカエルの多さから、若干ひきましたが笑)お好み焼に欠かせないキャベツの生育から収穫まで携わって学ぶことができたのが思い出です。あと、理想的なキャベツについて考察することも目的のひとつにあり、同期でスーパーを回ってキャベツの糖度分析や、キャベツを生で食べた時の甘さや蒸したときの味、実際にお好み焼として調理してキャベツのおいしさを比較しましたね!

Photo_2  

 

Photo_4

 

深堀:そうそう!いろんな県産キャベツがあるんだなぁって思ったり、キャベツの密度が全然違ったり、突き詰めたら奥が深いって思ったなぁ。

 

山下:あ!思い出の写真UPしときますね(にやにや)

 Photo_3 

 

深堀:ひぃ、、これはキャベツを育ててた時の肥料をまく時の服装。

 

山下:いい思い出ですねぇ(しみじみ)写真のように、実際にみんなで畑に入って作業をしてきましたね。

 

深堀:ほんとにね!農家の方々も優しくて素敵な人たちばかりだったね!

 

深堀:じゃあ、次に印象に残ってる業務について話そうか。

 

山下:印象に残ってる業務というか、今の仕事でいいなぁと思ったことがあります!それは受注業務を担当しているので、こんなのあったんだ!っていうオタフクの商品を知れることです。

 

深堀:お!例えばどんなのが驚いた?

 

山下:「今夜はおでん」っていうおでんのだしです(笑)。

 

深堀:インパクト絶大なネーミングで最高よね。笑 「今夜はおでん」は業務用なのでスーパーでは見ないと思います。確かにソースだけじゃなくて、お酢やたれにいろんな商品があるので、みなさんもスーパーに行ったらオタフク商品に目を向けてみてください!あと実際に試してみてね(ちゃっかり営業)

 

山下:ちゃっかりしてますね。私もスーパーにある自社商品の種類の多さとか、お好み焼屋さんがうちのソースを使っているかなぁとか気になるようになりました。けいおーさんの思い出に残っている業務はありますか?

 

深堀:そうだねぇ、一人で初めて海外出張に行ってベトナムの日本食レストランの現地開発担当者の方々に調理プレゼンをしたことかな。現地の人の味覚を考え、レストランのメニューにどんなものがあるか調べながら提案をしたんだけど、初めてこれを使ってみたいといってもらえたのが印象に残ってる。でも、実際に消費者の皆さんに提供できるまでがゴールなので、採用かどうかの結果はまだだけど、提案してからが大事だなと痛感しています!

Photo_5

 

深堀:それじゃあ、最後にこのブログを見てくださっている皆さんへオタフクの良さをれなちゃんどうぞ!!

 

山下:経営者の方々と直接話せる機会がたくさんあることです。特に、入社式後の懇親会で役員の方々との食事や、夏のBBQ大会でも社長から声をかけていただくことがあってすごい距離が近くていいなと思うことですね!あと、現場からの声を吸い上げることができるように、実際に社員たちがオタフクの今後について話せる場を設けてくださったり、とにかく、風通しがいいですね。

 

深堀:確かに!すごい距離感だよね、お!けいおー!って社長に名前を憶えていただいていたのはうれしかった思い出があるなぁ。

 

山下:確かに独特な名前ですもんね笑 けいおーさんが思うオタフクの良さって何ですか?

 

深堀:就活の時と入社後のギャップがあんまりないことかな。入社前から良い人が多いなぁと思ったけど、入社後もみなさん新人に丁寧で温かく接してくださるので、改めて素敵で面白い人達が多いと思う!

 

 

山下:それでは、ダブルピースで締めますか!

 

深堀・山下:オタフク社員みんなで皆さんをお待ちしています!

Photo_6

2018年3月16日 (金)

2017年新入社員ブログ:第三回

安藤:みなさん、こんにちは! 17年入社で1番イケメン、バスケ大好き安藤隼です! 今日は同期の陽さんこと、佐々木陽平さんと一緒に印象に残った研修や業務についてお話しします!

佐々木: ちょ、最初からめっちゃ飛ばすやん!笑

ちなみに俺はいけめん、、、?

安藤:イケてるメンズってことでイケメンでいいですよ!しゃーなし!

佐々木: ありがとう!!!! みなさん、改めましてこんにちは! イケメンの佐々木ですぅぅっっっ!!!

安藤: 気分が良くなったとこで本題行きましょうか!

佐々木: よっしゃぁぁl! 俺らの研修は3月の江田島合宿から始まったよねー!入社式の前に合宿があるんか!って正直びっくりしたわ笑

安藤: 確か3/27の朝に荷物たくさん持って宇品港に集合しましたよね! 同期ってどんな人がおるんかな?仲良くできるんかな?ってめっちゃ緊張してましたよ!

佐々木:そだねー、学校の友達でもバイト仲間でもない‘同期’っていう関係は社会人ならではじゃもんねぇ

みんなそれぞれワクワクドキドキもありつつ、一緒の会社で頑張っていこう!っていう気持ちは共通じゃったけあっという間に、打ち解けたよね!

安藤: 江田島ではカッター漕いだり、ビジネスマナーとか企業理念について勉強しましたよね!

佐々木: そだねー、カッターしんどかったね、、、 沖まで出たはいいものの帰る陸が見えない、、、みたいな軽い絶望もあったけど、終わってみればいい思い出よ!

安藤: ビジネスマナーとして名詞の渡し方とか、会社での電話のとり方とか学校では教えてもらえないことばっかり練習しましたよね!覚えるのが大変でした、、、

佐々木: お辞儀の仕方も教えてもらったけど、状況に応じて頭を下げる角度を変えたり一つの動作も奥が深いって思ったよね!

写真①カッター訓練

Photo_5

写真②研修グループ

Photo_6

写真③研修終わりのフェリー

Photo_7

安藤: 最初にしっかり時間かけて教えてもらえて本当に良かったです!何しろイケメンな顔だけで生きてきたこれまでだったんで!

佐々木: まだ言ってるのね、、笑

安藤: 他に印象に残ってる研修は、お好み焼屋さんでホールスタッフさせてもらったことですかね! 広島のお好み焼店様で働かせてもらったことはすごく大きな財産です!忙しすぎて大変でしたけど!笑 この研修はオタフクソースならではだと思います!

 

佐々木:そだねー、開店前の準備からお客様のご案内、オーダー取り、レジ打ちまで。全部やらせてもらえたね!忙しいお昼の時間が終わった時は達成感があったわ! それはそうと、俺らはなんでお好み焼き店様で研修させてもらったんだろうね?

安藤: 言われてみればなんでですかね?

佐々木: お好みソースを実際に使って頂いている現場を見たり、お好み焼屋さんの大変さを身にもって実感することで、自分達のソース作りにより熱意がこもったり、周囲に感謝するためだと思うよ!

 

安藤: 確かにお好み焼屋さんが焼くお好み焼があってはじめて、お好みソースは口にしてもらえるんですもんね!感謝の心は常に必要ですね! ただ充実してたってだけじゃなくて、研修も深―い意味が考えられているんですねー!

写真④お好み焼き店様まかない

Photo_8

佐々木: そう!6月から配属だったから研修期間は2ヶ月弱だったけど、新鮮で学びが多かったね! 何より同期の仲は深まって、たまに研修の頃に戻りたいなって思うよ!笑

 

安藤: そして僕らは同じ部署配属になりましたよね!本社工場 特注製造課 調合部門!まさか自分が店舗で使われていたソースを作ることになるとは、その時は思ってませんでした!

佐々木: そだねー、簡単に言って調合部門はどんなとこ?

安藤: 説明なら任せてくださいよ! おっきな釜があってですね、その中に原料をどんどん入れてって混ぜて加熱したらソースの完成です!

佐々木: うーん、超ざっくり!笑 完成したソースはまだ釜に入ったままじゃけ、工場の別の部署の方達がボトルに詰めて、ほんとにほんとに完成やね!スーパーで見慣れた姿になるまでには、たくさんの人の手がかかってる!

安藤: 一度に作る量が200Lの時もあれば、50,000Lの時もあるから大変ですよー。でも自分は体動かすのが好きなんで、調合作業も楽しくやれていますよ!

佐々木: そだねー、作る量が多いと、材料も多いもんね! このソースにはこんな材料が入ってるんだ〜って新鮮な発見もあって面白いよね!

安藤: それめっちゃ思います! 企業秘密的なやーつもあるんでここではあんまり喋れないですのが残念です!泣

佐々木: みなさん、その辺りは是非是非入社されてご自身の目でお確かめ下さい!笑

安藤:そろそろ、最後の締めといきますか!

 

佐々木:そだねー、じゃあ読んで下さったみなさんへメッセージをお願い!

 

安藤:仕事してると大変なこともありますが、趣味にお金かけたり、同期で遠出をしたりと、適度に発散して素敵な社会人生活を送れるよう、みなさんの就職活動がうまくいくことを願ってます!ありがとうございました!

 

佐々木:読んでくださり、ありがとうございました。就職活動、長期戦ですので体調にはくれぐれもお気をつけ下さい!

写真⑤

Photo_9

以上

2018年3月14日 (水)

2017年新入社員ブログ:第二回

矢吹・松浦:こんにちは!毎朝ランニングをしている松浦・矢吹です!

松浦:大阪出身、浦ちゃんこと松浦です。

矢吹:広島出身、ぶっきーこと矢吹です。わたしたちは、10月から大阪の営業配属になり、新入社員の目線から学生の皆さんにオタフクのことをお伝えできればと思ってます。

松浦:では早速テーマについて話そうー。まずは就職活動の話からね。ブッキーは就職活動がちょっと違わへん? 

矢吹:大学でも、大好きな陸上を続けていたので、オタフク1本に絞って就職活動を頑張ってたよ!違うというか、大学の部活動をメインに就職活動してた感じかな。

松浦:そーなんや。ちなみに面接で自分の何をアピールしたん?

矢吹:学生生活中は、毎朝ランニングして、部活動での練習もしながら、就職活動をしていたということアピールしたよ。逆に浦ちゃんはどうだったん?

 

松浦:私もずっと運動部だったから体力と忍耐力と元気さをアピールしてたよー!

矢吹:2人とも運動部だけど、文化系やサークル、研究室を頑張っていた同期も多いよね。

松浦:そうだね。留学経験や、ゼミでの経験も自分とは違った形で頑張っていて、同期同士で話をすると面白いよねー。

矢吹:改めて、同期でもいろんな分野の経験を積んでいたり、考えを持っている仲間だと思うよー。

 

入社後について

 

松浦:合宿研修から、基本研修(座学)、社内外で研修したよね。約2か月の研修期間で、同期とずっと一緒だったからすごく同期との仲が深まったよね。

矢吹:そうじゃねー。帰りによくご飯行ったねー。配属前の研修でも工場や営業の様々な部署を体験できたことは、いい経験になったよね。6月に配属されたときは、二人とも大阪ではなくて、違う部署に配属だったよね。 

 

写真①同期飲み

 

Photo

 

松浦:そうやねん。6月から9月まで、お好み焼課で毎日お好み焼を焼いて、毎日食べてたなー。焼課でずっと焼いていたから営業になってもすごく活かせる場面が多いわー。

 

矢吹:6月から2か月ほど、広島の営業を経験させてもらって、そこから大阪の営業に異動になったけど、営業で調理をするイメージがあまりなかったかな。営業配属になって、実演販売で焼いたり、お客様に試食をお持ちしたり、当社の調味料を使った調理をする機会が多いよね。

 

写真①松浦Photo_2 

 

写真②矢吹

Photo_3

 

 

矢吹:実際、営業を経験してみて、オタフクが大切にしているメニューに合った「コト売り」を実践しているよね。

松浦:営業活動を通じて、お客様に「幸せ」を提供できるってやりがいあるな~。

矢吹:自分の大好きな食に携わり、お客様に「コト」を提案できるって幸せなことだよね。

松浦:自分たちは、まだまだ、これからだけど、先輩社員を見習いながら、もっとお好み焼やソースを広げていこう!

最後に

松浦:最後にみなさんにメッセージ。オタフクに入社して、一番良かったのは、同期の仲が良いことです。いろんな場面で同期に救われることがあります。研修期間中に一緒にいたので、やっぱり同期の仲がいいのはいいことだよね。

 

矢吹:これから就職活動をしていく中で、大変なことがたくさんあると思いますが、体調管理をしっかりして、後悔のないように全力で頑張ってください!

松浦・矢吹:皆さんと会える日を楽しみにしています!!

Photo_4

2018年2月23日 (金)

2017年新入社員ブログ:第一回

沖本:みなさんこんにちは!猫を眺めるのが好きな広報部の沖本です。同期のみんなには「おきみき」と呼ばれています。

神田:宝塚が大好きなIT企画課の神田です。同期からは「かんちゃん」と呼ばれています。

 

沖本:本日より、オタフクソースに2017年入社した新入社員で、ブログを書いていきます。

私たちがトップバッターなので、どんなことを話そうか。(笑)

 

神田:じゃあ、まず業務内容から。私は、IT企画という社内のシステム部門にいて、PCや携帯電話などの保守や運用、社内のWEBページなんかを作っているよ。

 

沖本:私は広報部に所属していて、マスメディアの対応が主な仕事です。社内に情報発信したり、取材調整をしたりしてるかな。社内の新しい取り組みや情報を外部にも発信してるよ!

 

神田:2人とも全然違うことしてるよね。同期も工場や営業など配属はバラバラだね。業務は違うけれど、同期同士はすごく仲がよくて、今でも、ご飯を食べに行ったり、お互いラインで連絡取り合ったりしているよね。

沖本:今度いちご狩りにも行くよね(笑)

 

神田:そうそう(笑)。入社してみて一番感じたのは、同期も含め、オタフクの社員は、みんな優しいよね。

沖本:それはすごく感じるね。ドラマでよく見るおつぼねさんもいない。(笑)

 

神田:それ大事だよね(笑)。今は、ほぼ毎日17時に帰宅して、週末は、大学のあった関西で飲み会に参加してるよ

沖本:アクティブだね(笑)。かんちゃんが就活生の時は、どんなことしてた?

 

神田:私は、3年生の夏にインターンシップに行ってたけど、それで就活をした気になってたな(笑)。おきみきは?

 

沖本:学校のイベントには何度か参加してたよ。6月から月1で就活セミナーに出て、どんな業界がいいかぼんやり考えてた。 

沖本:2月頃は、自己分析してたかな。自己分析しながら、自分の長所と短所をいろんな人に聞いて回ってた。家族や友人、高校・大学の友達、バイトの先輩・後輩にと、たくさん聞いたよ。同年代だけじゃなくて、年上の人と年下の人の視点からも話を聞いてた。

 

神田:どんなこと言われたの?

沖本:長所は、ずっと同じことを続けられる。短所は、マイペース。だって(笑)。

いろんな人に聞いてたけど、大体みんな同じことを言うなって(笑)。でも、それが自分なんだなと改めて感じたよ。

 

神田:私は、この時期、エントリーシートをたくさん書いてた。何度も書いているうちに自分を見つめなおせたよ。あとは、会社や業界について調べてたかな。学校の説明会にも積極的に参加して、業界別で会社研究ができたので、ありがたかった。

 

写真1沖本 2017

写真2神田

2_2

 

 

オタフク入社を決めた理由

沖本:かんちゃんは、数ある企業の中で、なんでオタフクに決めたの?

 

神田:人事の人が優しかったことと、あとは、こんな自分を受け入れてくれるところだったからだね。本社が地元に近いということもあるかな(笑)

 

沖本:私は、人事や面接官の人が親身になって話を聞いてくれたことが大きいな。自分がこれまで取り組んできた留学や研究のことを理解してくれる会社じゃないと入れないと思っていたんだけど、オタフクにはそれが感じられたよ。

 

神田:社員と話をする機会が何度かあり、そこでも社風の良さを感じたかな。いい人が多そうな会社だなって。さっきも伝えたけど、実際入ってからもいい人が多い。

 神田:実際、内定をもらった後の内定者懇親会で同期の顔を見て、やっていけるなとも思ったよ。まさか、宝塚友達がいるとは。(笑)

 

沖本:共通の趣味を持った人がいると嬉しいよね。

沖本:同期もそうだけど、明るくて前向きな人が多いよね。実際に先輩社員に話を聞いてみるといいよね。

 

写真3沖本

 20122013

 

写真4神田

 Photo_2

未来のオタフク社員へメッセージ 

神田:就活生の時期って不安になること多いよね。

 

沖本:やっていないことがあると不安になるよね。あと、オタフクは、説明会や面接会場に多くの人がいて、驚いた。でも、しっかり自分の想いを持っていれば大丈夫だと思うよ。きちんと話を聞いてくれる。頼れるところは、周りに頼りながら、進めていくといいよね。

 

神田:あとは、就活中は適度にストレス発散をはさむといいよね。周りには、インフルエンザや胃腸炎も多かったので、体調管理に気を付けてください(笑)。ヘルシーなお好み焼を食べて、栄養とろう!

 

沖本:そうだね!

 

神田:今は、仕事を頑張って、プライベートも充実してる。就活中も仕事と同じで、最後までしっかりやりきることが大切だと思うよ。

 

沖本:オタフクは、同期や先輩関係なく、仕事だけじゃなく、プライベートでも仲が良い。だからこそ、楽しく働けるよね。就活中には、いろんな軸で会社をみて、自分に合うかどうかしっかり判断するといいと思います。

 

沖本・神田:調味料メーカーとして、お好み焼をはじめ、様々な食(職)に携われるので、食に興味のある方は、ぜひ!!

沖本・神田:みなさんが入社をして、お会いできることを楽しみにしています。

 Photo

2018年2月22日 (木)

2017年新入社員ブログ:スタートします!

こんにちは。採用担当の栗田(くりた)です!

本年も2018年3月1日より、採用ナビがオープンしますね。

当社も、3月1日より「会社説明会 兼 一次選考」の申込受付を開始します。ぜひ、ご応募ください。

2月も終わりに差し掛かり、採用/就職活動も本番ですね・・・!

さて、そんな就職活動中の息抜きに、毎年大好評の新入社員ブログ、今年もスタートいたしますsun

2017年4月に入社した新入社員が、就活中の思い出や業務について、リアルにレポートしちゃいます!ぜひ、ご覧くださいねgood

(昨年までの新入社員ブログも引き続き公開中ですので、ぜひご覧ください)

※会社説明会 兼 一次選考について

「会社説明会 兼 一次選考」は、会社のことをよく知っていただき、

社員とも交流していただける機会にしております。

定員数は、十分な数をご用意しておりますが、希望日の選択は、先着順となります。

3月1日よりぜひ、お早めにお申し込みくださいhappy02

2017年5月 2日 (火)

2016年新入社員ブログ:社内外研修2

  

佐々木:皆さんこんにちは!

特注製造課の佐々木侑亮です。

みんなからは「ゆうちゃん」って呼ばれてます。

 

Photo_10

          

  

上川:ゆうちゃん本当にいい笑顔するよね!

私は、同じく特注製造課の上川遥可です。

皆からは「はるぴー」ってよばれてます!

Photo_12

 

    

今回私たちは、前々回ブログでも紹介した新入社員社内外研修のうちの、

社外研修について紹介します!!

 

佐々木:オタフクでは、社内での研修以外にも、お取引先でも研修させていただいています。

実際に私たちが作った製品が、どのように使われているのか、

どんな製品だったら喜んでいただけるのか学べる貴重な体験です。

 

上川:普通は他の企業にお世話になるなんてできないことだもんね!

 

佐々木:それだけオタフクがお取引先様との良好な関係を持ててるってことだよね!

ありがたいことだよね!

 

上川:今回、私たち新入社員は社外研修として、

お弁当工場様と老舗お好み焼店○っちゃん様にお世話になりました。

 

佐々木:はるちゃん!ちょっと待って!

こういう場合さ、○っちゃん様になるの?○っ様じゃなくて?

 

上川:ばかなの?(笑)

とにかく話を進めるよ!

 

まずは、お弁当工場様での研修について紹介します。

こちらのお弁当工場様は、主にコンビニエンスストアに、

お弁当やお惣菜を納品している惣菜工場です。

私たちも、お弁当をつくるラインに配属されて研修しました。

   

佐々木:ベルトコンベアーから流れてくる容器にご飯や惣菜を詰めていくんだよね!

めっちゃ早くて大変だった!!

  

上川:そうそう!

簡単そうに見えるけど、綺麗に素早く仕上げるのってとても大変だったね!

 

佐々木:そうだね。1つ1つが商品となって、お客様の元に行くって考えると、

気が抜けなくて疲れたなー。

 

上川:そうそう!

まじそれ!まじ疲れた。まじはげる。

 

佐々木:え?はげるの?笑

 

あと、1番強く感じたのは食品を扱う大変さだよね。

異物混入の防止や衛生管理・体調管理が徹底されていたよね。

 

上川:そうそう!

「異物混入がありました」ってよくTVで取り上げられたりするけど、

小さな不注意や間違いが、お客様に大きなご迷惑をおかけすることになってしまうもんね。

髪の毛1本にも気が抜けないよね!

 

佐々木:そうだよね。

このお弁当工場様でも異物混入や食中毒を防ぐために、

身だしなみ管理や衛生管理・体調管理の工程がたくさんあったよね。

 

上川:そうそう!

工場に入るために、全身にガムテープでペタペタして、髪の毛とったり、

エアシャワーを通ったり、全身に掃除機かけたり大変なんだよね。

 

佐々木:そうだね。オタフクでも同様にエアシャワーや掃除機を使ってるね!

工場に配属された今となっては、それが当たり前となったけどね!

 

上川:そうだね!

安全・安心な商品を作るために、たくさんの努力があるって学んだよね!

私たちも、これからも気を付けていこうね。

 

佐々木:次はお好み焼店様での研修について紹介します。

こちらは、広島お好み焼の有名店ですね!

私たちは1年間でも最も忙しいと言われるゴールデンウィークにお手伝いに行きます。

最大で3時間待ちの行列になった時もあったよ。。。

_01027_27

 

上川:えええ!すごい!!

ゴールデンウィークってこともあって、たくさんの観光客の人たちがいたよね!

みんな広島の観光雑誌持ってたよ!

 

佐々木:確かに!それほど広島のお好み焼が他県から認知されているってことなんだろうね!

それに、外国人観光客の人もたくさんいたよ!

 

上川:わぉ!わんだふぉー!!

お好み焼きが大好きな私たちにとっても、嬉しいことだよね!

 

佐々木:おう。そうだね。

まさにこちらのお店のような、お好み焼店様の頑張りがあってこそ、

今の広島のお好み焼文化があるんだなあって思うね!

 

上川:私達もそれをサポートさせて頂けている事に誇りを持っているし、

私たち自身ももっともっとお好み焼や、食文化を広めていきたいね!

 

佐々木:そうだね!

今年からは、オタフクソースも、広島の新大型商業施設「LECT」様内に、

野菜料理を提供するお店である「べジラビット」も出店して、

今期のテーマである「HEALTHY」な料理を広めていこうとしているしね!

 

上川:こうしてみると、社外研修に行ったからこそ、学べることや気付きがたくさんあったね!

オタフクとの違いや共通点も分かって面白かった!

 

佐々木・上川:

最後に皆さんにメッセージです。

オタフクに入社して一番誇れると感じたことは、社員の中の良さです。

Photo_13

年齢関係なく、夏はBBQをしたり、冬はスノボに行ったりと、プライベートでも仲がよいです。

ぜひ皆さんともそんな関係になれる事を楽しみにしています!

 

2016年卒のブログは以上となります。 

 

2017年4月25日 (火)

2016年新入社員ブログ:キャベツ農場研修

 

濱口:皆さんこんにちは!

本社工場製造2部レギュラー製造課の濱口です!

休日はカメラ片手にぶらぶらしています。今年の桜も綺麗でしたね~。

1

2

 

木村:こんにちは!同じく本社工場製造2部レギュラー製造課の木村です!

休日はこんな感じで青空の下釣りをしています!

3

 

濱口:二人とも休日は外で動くタイプやね!

そういうわけで今回はキャベツ農場研修についてお話ししたいと思います!イェェーイ!

今年の新入社員たちも、今まさにキャベツ農場研修が始まりました!

これからキャベツを育てていくんだけど・・・、 

皆さん、「キャベツ農場研修」と聞いてもあまり内容をイメージ出来ないかもしれません。

簡単に言うとキャベツを育てる!収穫する!!食べる!!!なのですが、

そこにはオタフク社員として大切な目的があったよね。ハイ!木村さん!

 

木村:ざっくりしすぎでは(笑)。

お好み焼を世界に広めていくオタフクとして、その材料となるキャベツを知らなければならない。

そのための研修だったね!

また、新入社員が全員で動く唯一の研修だから主体的な行動や協調性を身に付けるという

目的も掲げられていたよね。

キャベツ農場研修にはオタフク社員として、

より適した人材となるための要素が詰め込まれていたね!

 

濱口:キャベツ農場研修は4月から7月までの長期の研修。

農業組合法人よしやま様の畑をお借りして毎年新入社員がキャベツを育てます。

ただ毎回全員が行くのではなく、2回目以降は班ごとに分かれてキャベツを育てていったね。

 

木村:最初は畑を耕して畝を作り、キャベツを作るまさに土台を作ったよね。

4

5

 

濱口:普段使わない農具に苦戦した記憶が、、、。

 

木村:畑の耕しはしたことがあったけど筋肉痛にはなったね、、、。

 

濱口:自分たちが畝を作った後にトラクターで残りを耕してもらいましたが、

機械の偉大さを思い知りました笑

 

 

木村:耕した後はキャベツの定植!これも地道に手で植えていったね。

6

 

濱口:あんな小さな苗がほんとに育つのか不安だったよ。

 

木村:それからは班ごとに畑で作業をしたよね。

 

濱口:自分の時はパスライトの撤去をしたよ!

他の班の人達は播種体験や病気/害虫予防薬の散布をしていたね!

7

8

9 

 

木村:自分はキャベツの収穫をしてそのまま提案会の会場に運んだんだ。

自分たちの育てたキャベツがずっしり大きく育っていて嬉しかったなぁ。

大きすぎて運び出すのには骨が折れたよ(笑)。

10

11

  

濱口:提案会はお好み焼店様を中心とした飲食店様を対象にお店づくりに役立つような情報を、

実際に試食や体感をしていただきながら紹介するイベントだよね。

そこで私たちはキャベツ研修で学んだ事を、

「美味しいキャベツとは」をテーマにお客様へお話したよね。

 

木村:地元のお好み焼店様の方もいらっしゃっていた!

色んな方に「良いキャベツだね~」って言っていただいたのは嬉しかったな~。

  

研修ではキャベツの知識を学んだけど、

その折々で自分たちの甘さについてよく怒られていたね。

 

濱口:主体的な行動、時間管理、コミュニケーション、どれも最初は出来ていなかったね。

 

木村:最初は何をすれば良いか分からなくてつい皆と固まって動いてしまい、

そのせいで設定した時間を破ってしまったりしたよね。

 

濱口:特に研修終わりの集会所の掃除は厳しかったなぁ。

場所をお借りしているので来る時よりも綺麗にするという気持ちが大事なのだと実感したよ。

皆で協力して時間内に終わらせるということがいかに大切か身をもって知ることが出来たよ。

 

木村:今の業務でも大切な意識の1つだよね!

 

 

濱口:その後は収穫したキャベツの品種別の糖度を測定したり、

収穫祭に向けての準備を進めたよね。

収穫祭はこれまでの集大成として班ごとに「良いキャベツとは何か?」と

全員で研修を通して学んだ事を今回お世話になった人達に聞いていただいたよね。

Img_5691

Img_5703

 

木村:すごく緊張したけど自分たちが考えた提案を真摯に受け止めてくれて達成感があった!

そして!全員でパーティ!皆でご飯食べたね!楽しかった~。

 

濱口:自分たちで育てたキャベツだから美味しさもより感じられたよね!

Img_5720

Img_5724

 

濱口:研修の最後は畑の圃場整理!トラクターを運転させてもらって楽しかったー!

12 

 

木村:最初まっすぐ走れていませんでしたよね(笑)。濱口ターン!

 

濱口:へへへ(照)

 

 

木村:振り返るとキャベツ農場研修はすごくユニークな研修でしたね。

そして、オタフク社員として大切な事を多く学ばせていただいた非常に意義のある研修でした!

 

濱口:今でもまだまだ至らない部分はたくさんあるけどね。

少しずつでいいから大きく成長できるといいな。そう!キャベツのように!

 

木村:・・・ですね(笑)!頑張っていきましょう!

 

濱口・木村:皆さんいかがでしたでしょうか。

これからの選考に向けて緊張、不安が押し寄せてくると思いますが、

自分が選んだ道に後悔しないよう健康に気を付けてずんずんと進んでいってください!

 

皆さんと会えることを楽しみにしています!!

 

お次はメガネが素敵な佐々木くんと

天真爛漫な上川さんが担当です!

 

次回もお楽しみに~(*’ω’*)